100th Anniversary

年度別地区の軌跡

2005-06年度 神崎 茂ガバナー

«    »

地区ガバナー
神崎 茂(大阪西RC)
RIロゴ/テーマ
Service above self
超我の奉仕
RI会長
カール・ヴィルヘルム・ステンハマー(Carl-Wilhelm Stenhammar)
(スウェーデン/イエーテボリRC)
ガバナー情報
ガバナー
神崎 茂(大阪西RC)
地区テーマ
『Service above self-101』
地区大会
開催日:2005年12月9-10日
ホストクラブ:大阪西RC
開催地:大阪国際会議場 
RI情報
RI会長
カール・ヴィルヘルム・ステンハマー(Carl-Wilhelm Stenhammar)(スウェーデン/イエーテボリRC)
RIテーマ
Service above self
超我の奉仕
国際大会
開催日:2006年6月11-14日 14,807名
開催地:マルメ(デンマーク/スウェーデン)
地区/クラブ/会員数
国、地域、地区 クラブ数 会員数
世界 168ヵ国、529地区 32,205RC 1,219,097名
日本 34地区 2,331RC 103,403名
第2660地区 86RC 4,296名
年度・その他資料
    

一年の軌跡

アナハイムで開催された国際協議会でガバナーエレクトとして記念すべきロータリー創立100周年を迎えました。ステンハマーRI会長のテーマ「Service above self」を受け、心新たに101年目の思いを込めて「Service above self-101」を地区テーマに掲げ「RI会長賞」取得を積極的に推進し、「クラブの充実」「職業奉仕」に重点を置いて活動するよう
86クラブの皆様にお願いしました。

各クラブはじめ、先輩パストガバナー、ガバナー補佐、地区委員会の皆様のご参加、ご協力により予想以上の成果を上げることが出来ました。

また、地区大会もホストクラブの大阪西RC、コ・ホストクラブの大阪リバーサイドRCのご尽力により成功裏に終えることが出来、IM単位のインターシティーミーティングもそれぞれに工夫と努力が加えられ大きな成果を上げることが出来ました。支えていただいた全ての皆様に感謝申し上げます。

(神崎茂PG)

    

主な出来事

・第3ゾーン7地区対象の「水資源・健康・飢餓救済セミナー」を主催した。

・「麻薬撲滅-ダメゼッタイ」普及運動に対して厚生大臣感謝状を授与した。

・薬物乱用防止の啓発運動を行う「民間国連ヤング大使」としてインターアクター鈴江祐希さんをウィーンへ派遣した。

・ニューオリーンズのハリケーン、スマトラ沖津波、パキスタン北部地震、ジャワ島地震の大災害に対して義捐金を送った。

・RI提唱のポールハリスの家「カムリ―バンク」買収保存プロジェクトに多額の寄付が集まった。

・ガバナー補佐の皆様の努力により86クラブ中46クラブがRI会長賞を受賞した。

(神崎茂PG)

    

100周年に寄せて

大阪のロータリー100周年を迎えるに当たりひとしおの感慨を覚えます。決して順風満帆な100年ではなかったと思いますが、「超我の奉仕:Service above self」「最もよく奉仕する者、最も多く報われる:One profits most who serves best」「奉仕の理想:Ideal of service」「四つのテスト:The Four-way Test」等に表される確固たる不変のロータリー精神の下に諸先輩の努力の積み重ねで今日を迎えることが出来たのだと思います。

若い皆様には、更なる100年を目指し、地区とクラブが一体となった活動によりクラブの活力がさらに高まり、一人一人のロータリアンがロータリアンであることに誇りを持ち楽しいクラブライフを送れるクラブづくりを目指していただきたいと思います。

(神崎茂PG)

«    »