100th Anniversary

年度別地区の軌跡

1990-91年度 廣瀬勘一郎ガバナー

«    »

地区ガバナー
廣瀬勘一郎(大阪西南RC)
RIロゴ/テーマ
Honor Rotary --- with faith and enthusiasm.
ロータリーを高めよ··思いを尽くし熱意を尽くし
RI会長
パウロ V.C.コスタ (Paulo V.C.Costa)
(ブラジル/サントスRC)
ガバナー情報
ガバナー
廣瀬勘一郎(大阪西南RC)
地区大会
開催日:1991年4月12-13日
ホストクラブ:大阪西南RC
開催地:ロイヤルホテル/大阪フェスティバルホール
RI情報
RI会長
パウロ V.C.コスタ (Paulo V.C.Costa)(ブラジル/サントスRC)
RIテーマ
Honor Rotary --- with faith and enthusiasm.
ロータリーを高めよ··思いを尽くし熱意を尽くし
国際大会
開催日:1991年6月2-5日 15,638名
開催地:メキシコシティ(メキシコ)
地区/クラブ/会員数
国、地域、地区 クラブ数 会員数
世界 168ヵ国 24,936RC 1,093,848名
日本 27地区 1,894RC 113,798名
第266地区 71RC 5,107名
年度・その他資料
    

一年の軌跡

コスタRI全長は組織全体の開発と強化を計り、拡大、会員増強、広報の三分野に最大限の努力を払う事に決められた。

(1)拡 大一新クラブの結成はロータリーの発展成長の鍵となる。奉仕の理想は少数の人の特権ではない。よって我々はロータリーを真に全世界の組織とする。
(2)会員増強一我々は「量」を求め「質」を強要する。「優れた有資格者」を入会させる説得法を学ぶ必要あり一一と強調されている。

クラブの活性化と21世紀への発展の為に会員の育成とクラブの強化は絶対必要である。
ロータリーが今後奉仕の偉大な事業を展開し、そこにロータリアンが奉仕の理想の実現と喜びを分ち合える仲間をより多く見出す事は我々ロータリアンとしての幸せにも達がる。

それは家族ぐるみにも広げて行きたい。

(記念誌編集部要約)

    

主な出来事

2月26日(火)大阪南RC及び(社)[1本の松の緑を守る会の斡旋と大阪東・大阪西南・大阪難波・大阪南西各RCの寄附協賛を得て、国際花と緑の博覧会の成功を記念し、意義ある植樹式が行われた。丹精込めた黒松2本の輝く緑が、歴史ある天守閣に映えて光彩を放った。

1990~’91年度地区大会は、1991年4月12日(金)・13日(土)の両||、パ’ウロ・V・C・コスタRI仝長の「ロータりーを高めよ 思いを尽くし 熱意を尽くし」をテーマに、千RI会長代理をお迎えして、ロイヤルホテル並びにフェスティバルホールを会場に多数の参加者を得て開催されました。

(記念誌編集部要約)

«    »