100th Anniversary

年度別地区の軌跡

1989-90年度 武尾敬之助ガバナー

«    »

地区ガバナー
武尾敬之助(大阪西北RC)
RIロゴ/テーマ
Enjoy Rotary.
ロータリーを楽しもう
RI会長
ヒュー M. アーチャー (Hugh M.Archer)
(米国/ディアボーンRC)
ガバナー情報
ガバナー
武尾敬之助(大阪西北RC)
地区大会
開催日:1990年3月16-17日
ホストクラブ:大阪西北RC
開催地:ホテル・ブラザ/ザ・シンフォニーホール
RI情報
RI会長
ヒュー M. アーチャー (Hugh M.Archer)(米国/ディアボーンRC)
RIテーマ
Enjoy Rotary.
ロータリーを楽しもう
国際大会
開催日:1990年6月24-27日 21,053名
開催地:ポートランド(アメリカ・オレゴン州)
地区/クラブ/会員数
国、地域、地区 クラブ数 会員数
世界 165ヵ国 24,169RC 1,070,490名
日本 27地区 1,839RC 109,316名
第266地区 69RC 4,913名
年度・その他資料
    

一年の軌跡

本年度のテーマである「ロータリーを楽しもう Enjoy Rotaly」はとても親しみやすいプレーズで心に残るものとなりました。私自身は「真のロータリーの親睦」を皆さんに要望してきましたが、よく応えていただいたと嬉しく思っております。この一年、主に次の点について活動を進めてきました。

① クラブ拡大と会員増強
② ポリオプラス
③ 国際花と緑の博覧会への協賛
④ 情報システムマニュアルの改訂
⑤ WCS
⑥ 地区大会

(記念誌編集部要約)

    

主な出来事

期末会員数が5000名を超え、5100名となり、地区目標をクリアできました。新設クラブも吹田西RCのスポンサーで吹田江坂RCが創設されました。

ポリオプラスについては今年度が3年間の最終年度となりましたが、全体で120%、個々のクラブでも全て100%を達成し、大きな実績であると言えるでしょう。

花博への募金総額は1億9百万円となり、後世に残る島サルスベリの並木と、点字パンフレット5000部、低開発国の演芸義肢への補助などに有効活用されました。

情報システムの改訂については、第2版が刊行されています。

WCSの活動としてはインドカルカッタのスラム街へファミリークリニック設立補助金を送るなど4件の活動事例があります。

そのほかにも地区内RCにより数多くの奉仕活動が行われました。

最後になりますが、多くのパストガバナー、地区委員の皆さん、そして各クラブで汗を流していただいた皆さん全員に心より御礼申しあげます。

(記念誌編集部要約)

    
その他資料

【1989 年 シンガポール規定審議会】
・クラブ理事会の裁量で、1ロータリー年度に2 回までクラブ例会を取りやめることができる。
・ロータリーの存在しない国々を旅行するときは例会出席を免除する。
・ロータリークラブの会員資格を男子のみに限定する規定を改め、女性の入会を認める。
・「Service above self」(超我の奉仕)の標語をロータリーの第1モットーと定める。
・実業及び専門職業に携わるロータリアンへの宣言を採択する。(決議案)
・人頭分担金を9ドル増額する。

«    »