100th Anniversary

年度別地区の軌跡

1983-84年度 世戸一夫ガバナー

«    »

地区ガバナー
世戸一夫(大阪なんばRC)
RIロゴ/テーマ
Share Rotary, serve people.
みんなにロータリーを
みんなに奉仕を
RI会長
ウィリアム E. スケルトン (William E.Skelton)
(米国/クリスチャンスバーグ・ブラックスバーグRC)
ガバナー情報
ガバナー
世戸一夫(大阪なんばRC)
地区大会
開催日:1984年3月23-24日
ホストクラブ:大阪難波RC
開催地:ザ・シンフォニーホール
RI情報
RI会長
ウィリアム E. スケルトン (William E.Skelton)(米国/クリスチャンスバーグ・ブラックスバーグRC)
RIテーマ
Share Rotary, serve people.
みんなにロータリーを
みんなに奉仕を
国際大会
開催日:1984年6月3-7日 22,452名
開催地:バーミンガム(英国)
地区/クラブ/会員数
国、地域、地区 クラブ数 会員数
世界 157 20,114RC 917,500名
日本 26地区 1,575RC 88,634名
第2660地区 54RC 5,745名
年度・その他資料
    

一年の軌跡

・種田PGが世界有数の巨大地区の分割を成し遂げ、新しい266地区は戸田直前PGの活力あふれるリーダーシップの下でスタートした。その流れを受けて本年度は更に拡大強化に力を入れる。

・10月の職業奉仕週間が月間となる。

・従来青少年交換で海外へ行かれた優秀な青少年の親睦・連絡が不十分であったので、今年よりR.E.X.(Return Exchange Students)の会を結成。

・「自らお願いガバナ」と自称し、公式訪問をする。

・年次大会がザ・シンフォニーホールで開催されたとき、会員に向かって「ロータリー国際大会を大阪で開こう」と提案する。

(記念誌編集部要約)

    

主な出来事

・広報活動として在阪の新聞社・放送局・通信社のロータリー担当者と懇談会を開き、ロータリーの広報のあり方・効果的な進め方について話し合う。

・青少年活動委員会として大阪府総合青少年野外活動センターにおいて小学5年生・6年生50名を対象にして、ロータリー仲よしキャンプを行う。(S58年8月21日~23日)
又、ライラをAブロック、Bブロックと秋、春の2回実施する。

・拡大として4クラブを設立する。
大阪駅RC、大阪なにわRC、池田くれはRC、交野RC

・増強は純増270名(7.6%)

(記念誌編集部要約)

[地区内クラブ創立1983-84]
・大阪中央RC      1984/1/26
・池田くれはRC  1984/4/16
・交野RC              1984/6/25

«    »