100th Anniversary

年度別地区の軌跡

1982-83年度 戸田 孝ガバナー

   »

地区ガバナー
1982_戸田 孝(八尾RC)
戸田 孝(八尾RC)
RIロゴ/テーマ
1982_RIテーマロゴ
Mankind is one, build bridges of friendship throughout the world
人類はひとつ、世界中に友情の橋をかけよう


RI会長
向笠 広次 (Hiroji Mukasa)
(日本/中津RC)
ガバナー情報
ガバナー
戸田 孝(八尾RC)
地区大会
開催日:1983年5月15-16日
ホストクラブ:八尾RC
開催地:大阪厚生年金会館
RI情報
RI会長
向笠 広次 (Hiroji Mukasa)(日本/中津RC)
RIテーマ
Mankind is one, build bridges of friendship throughout the world
人類はひとつ、世界中に友情の橋をかけよう


国際大会
開催日:1983年6月5-8日 16,250名
開催地:トロント(カナダ・オンタリオ州)
地区/クラブ/会員数
国、地域、地区 クラブ数 会員数
世界 157ヵ国 19,715RC 917,500名
日本 26地区 1,562RC 86,981名
第2660地区 52RC 3,568名
年度・その他資料
    

一年の軌跡

・東ヶ崎元RI会長から14年を経て日本人として2人目のRI会長として向笠広次氏が就任。全世界約2万のロータリークラブ、90万人のロータリアンが、その活躍を大いに期待され、示されるRIの奉仕活動に266地区として最大限の協力をする。

・懸案となっていた地区の分割が種田ガバナーの努力において実現し、第264地区、第266地区に分れて運営されることとなった。したがって、地区分割で従来92クラブから52クラブに減少した本年度において地区拡大部門の責務は大きい。

・と同時にRIの未来の発展は、ロータリークラブの拡大と既存クラブの会員数の増強に依存しているので、創立5年以上経過しても未だ50名以下のクラブは、一層の努力を促したい。

(記念誌編集部要約)

[地区内クラブ創立1982-83]
・八尾中央RC (1982/12/7) ・大阪大手前RC (1983.3.18)

    

主な出来事

・1982年12月12,13日において大阪RCがホストとなり、向笠広次RI会長夫妻を迎えて第11回ロータリー研究会が大阪で初めて開催される。(登録者405名)

・台湾の元米山奨学生が扶輪米山会として同窓会を結成。

・年度末の概況報告として
拡大ー八尾中RC(会員数35名)1982年12月7日
大阪大手前RC(会員数33名) 1983年3月18日|                    → 54クラブとなる
増強―期初 3542名、期末3751名
純増 209名(5.9%)

・ロータリー財団、米山奨学会への寄付、そして会員増強と三冠王を達成する。
(一人77.09ドル)

(記念誌編集部要約)

1982年 その他
・向笠広次氏、日本人二人目のRI 会長に就任(1982-83)。
・「日本ロータリー60 年史」出版。
・毎週例会を全RC が導入。
・ダラス大会で初めて“Women in Action for Rotary”セッション開催。
・日本26 地区に分割。第一回日韓親善会議開催(於ソウル)

    
その他資料

戸田 孝PG著作の電子文庫。 ぜひお読みください。

Rotaryって何ですか?

・Rotaryって何ですか?

・素晴らしい出会いよき師、よき友は人生の宝-1

・素晴らしい出会い、よき師、よき友は人生の宝-1

・素晴らしい出会いよき師、よき友は人生の宝-2

・素晴らしい出会いよき師、よき友は人生の宝-2

 

 

 

 

 

 

   »