100th Anniversary

年度別地区の軌跡

1997-98年度 近藤雅臣ガバナー

«    »

地区ガバナー
近藤雅臣(千里RC)
RIロゴ/テーマ
Show Rotary cares
ロータリーの心を
RI会長
グレン W.キンロス (Glen W.Kinross)
(豪州/ハミルトンRC)
ガバナー情報
ガバナー
近藤雅臣(千里RC)
地区大会
開催日:1998年5月8-9日
ホストクラブ:千里RC
開催地:リーガ・ロイヤルホテル/大阪フェスティバルホール
RI情報
RI会長
グレン W.キンロス (Glen W.Kinross)(豪州/ハミルトンRC)
RIテーマ
Show Rotary cares
ロータリーの心を
国際大会
開催日:1998年6月14-17日 19,002名
開催地:インディアナポリス(アメリカ・インディアナ州)
地区/クラブ/会員数
国、地域、地区 クラブ数 会員数
世界 129ヵ国、521地区 28,736RC 1,213,748名
日本 34地区 2,239RC 131,035名
第2660地区 81RC 5,623名
年度・その他資料
    

一年の軌跡

グレン・キンロスRI会長の方針を受け「貧困と飢餓との地球規模の闘い」「ロータリー精神の原点に立ち戻り、ロータリー活動を見直そう」「四大奉仕部門全てにロータリーの心を」「会員増強とクラブ拡大」「地区委員会に特別奉仕部門の新設」を地区活動方針に掲げ活動しました。少しは前進しましたが、原点に立ち返ったロータリー活動の見直しは難しいことを実感し、退会防止と地区とクラブの関係改善等継続的な努力が必要です。

地域社会発展に資する提言をするため、交通問題、教育問題の特別委員会を設置し活発な議論が行われました。今後の議論の深化に期待したいと思います。米山記念会館建設に伴う資金の集め方について十分な議論が尽くされなかった等心残りはありますが、多くの皆様と大いに議論し学び合い、キンロス会長のRIテーマ「Show Rotary Care:ロータリーの心を」を実践できたのではないかと思います。

(近藤PG

    

主な出来事

*2004年度国際大会開催準備を円滑に進めるための特別委員会を設置し準備を開始した。

*地域社会の健全な発展のためのオピニオンリーダーとしての役割を担うため、特別奉仕部門を設置し交通問題、教育問題の特別委員会を設けた。

*優秀なクラブ事業に対してクラブ事業助成金を拠出した。

*地区会計ルールを改善した(ガバナーノミニー経費引当金の創設、特別会計を9つから3つに整理統合)

*地区委員会運営を見直した(事務局員、地区幹事の出席をやめクラブ支援を充実)

*地区大会業務を改善した(ネームカード廃止、各クラブ事務局応援廃止、余剰金のクラブへの返金)

*社会奉仕「薬物乱用防止運動」に大阪府知事より感謝状受領

*書き損じはがき回収運動に日本ユネスコ協会連盟より感謝状受領      (記念誌編集部要約)

 

    

100周年に寄せて

弱き人々、困窮する人々を助け、誰もが幸せで心豊かなより良い社会を作るお手伝いをするロータリーの役割、愛に始まり愛に終わる超我の奉仕を追求するロータリー精神は
ロータリー創立以来不滅不変であり、今後も決して変えてはならないものです。
一方、時代の変化に応じて変えなければならない事もたくさんあります。時代がロータリーに求めるニーズは何か、照らすべき一隅はどこか、ICT時代に相応しいクラブ、地区運営、会員増強とはどのような姿か、若いロータリアンの成長のために先輩ロータリアンは何をすべきか・・。本質は何かを見極める慧眼と深い思考で、変化を恐れず変革に
取り組んでいただきたいと思います。大阪のロータリー100周年を迎えるに当たり、諸先輩の築かれた歴史と伝統に心よりの敬意と感謝を表し、素晴らしい新たな100年に向かいロータリアンとしての自信と誇りを持って新たな道を切り拓いて下さい。若い皆さまに私の思い、夢と希望を託します。

«    »